2010年10月15日

Yokotter Market プロジェクト始動!

Yokotterは既存・新規の団体の応援団であり、イベント企画団体や行政ではありません。この度、インターネットを利用しておられない方々をどう応援していくかを検討いたしました。

そこで、平成23年春の本格開催に向けて「Yokotter Market(仮称)プロジェクト」を始動します。下記日程で説明会とプレイベントを開催します。説明会はプレイベントへの参加の有無にかかわらず、来春以降参加したいという方への説明会です。説明会に出席できない場合でも、11月中旬より随時年間参加登録者を募集して参ります。 お気軽にご参加下さい。

11月中旬以降、年間参加登録希望者を募り、個人の方は数人のグループを形成して頂きます。その上でイベントの度にYokotter側より参加依頼をお願いします(その時のイベントテーマ・旬などで判断)。
*運営コスト削減のため、現状では電話対応は厳しい状況です。ご了承下さい。
*規模の大きい団体には、毎回出展依頼をする形になると思います。

ご興味ある方は必ずこちらYokotterの理念と可能なら下記スライドをお読み頂き、ご理解頂いた上で参加登録をお願いいたします。
(NPO法人Yokotter設立趣旨書はこちら



【説明会】
日程:10月19日(火)13:00-16:00(途中入退室自由)
場所:ホテルプラザアネックス横手2階会議室
会費:無料
出欠:こちらのサイト(←Twitter利用者) or yokotter@gmail.com (氏名・参加人数)まで。
締切:10月18日(参加者多数の場合、立ち見も考えられます。ご了承下さい。30名ほどの椅子をご用意しております。)

【プレイベント】
日程:11月3日(水・祝日)・・時間は説明会で相談決定します。
場所:横手駅東口 よこてイースト にぎわいひろば
内容:プレイベントですので来春以降の出展者を募ること・Yokotterの理念を伝えることが目的です。フリーマーケット・産直・屋台・飲食販売・展示販売をしたい方を説明会にて募集します。

説明会に参加できない方で11月3日出展希望の方はできるだけ3名以上のグループを作って頂き下記項目を記載の上 yokotter@gmail.com までお申し込みください。
出展者多数の場合も考えられます。出展依頼は1週間前まで運営者側から別途お伝えいたします。
1)〜5)までは必須項目

1)代表者氏名
2)代表者メールアドレス(今回は携帯メール不可。資料配付のため。)
3)代表者電話番号(携帯電話が望ましいです)
4)出展形式・右記から1つ選択(フリーマーケット・産直・屋台・飲食販売・展示販売・その他)。複数の場合、要相談。
5)出展・展示する「モノ・活動」やに対する、こだわりや思い入れを「100字以内」と「400字以内」の2パターンで教えて下さい。
  (フリーマーケットの方は不要ですがあると依頼しやすいです。TwitterやWebで紹介する場合に必要となります。)
6)産直出展の方は年間出展できる作物と是非出展したい時期(産直の方必須)
7)Twitterアカウント(持っている人は必須)
8)ホームページURL(任意)もしくは、紹介動画or画像へのリンクURL(任意。YouTubeなど)。
9)チラシに載せたい画像1枚(任意。JPEGのみ可。指定がなければTwitterアカウントのアイコンとします。)
締切は10月22日といたします。


下記は私個人の現状の概要ですが、来春までに参加者の方々のご意見を伺い、さらに良いものにしていくつもりです。

【目的】
1)地域のライフスタイルを、横手・秋田の素晴らしい生産者・クリエイターを発掘することで個人・地域のブランドを高め、全国に発信していくこと。
2)市民はもちろん、県民、全国の方々とのつながりを形成し、賑わいを届け交流すること。
ここでいう、「クリエイター」とは農家・酪農家・アーティスト・飲食店・商店・主婦(家庭菜園)・日曜大工さんなど、生活にこだわりや想いを持って暮らすすべての人々です。

この地域に住む方々のこだわりや想いを「発表」「展示販売」する「場」になればと考えています。
さらには、この場・ネットワークで知り合った方同士が新しいものを創り上げるきっかけになればとも思います。

イメージは「横手・県南の「旬」を楽しむならYokotter Marketへ!!」です。
既存の産直を運営していらっしゃる皆さんと競合する形ではなく、将来的には「ライフスタイル」全体を提案したり、クリエイターの発表の場所になれば良いなぁと思っております。もちろん難しいこと関係無しのフリーマーケットもあります。

【目標・理念】
このプロジェクトを通して私達のグランドデザインである
「この街でこどもを育てたい!といわれる街づくり」
に消費者と生産者が双方向でやりとりをしながら向かっていきたいです。

将来的には
「街の若年人口が増えることと、幸福度最大化を最終目標にする。」
「生産者・クリエイターの利益増加」
を両立できれば良いと考えています。

【出展形式】(1スペース2.5m×2.5m程度を検討中)
・産直やマルシェ
・屋台や飲食店(各自で保健所などの許可申請が必要です)
・フリーマーケット(3人以上で1スペース。申込後こちらで調整も可能。家庭菜園の野菜や日曜大工の作品なども含む)
・アート作品展示販売

【出展条件】
1)消費者・購入者と双方向の交流が可能であること(H23年4月までにTwitterを利用できるように協力いたします)。
2)Yokotterの理念に同意いただき、目的を共有すること(NPO法人設立趣旨書はこちら
3)販売するものへの思い入れ、こだわりを消費者・購入者に文章で届けられること。

【Yokotterの立場】
Yokotterはコーディネーターという立場ではなく、コーディネーター(個人・商店・企業)をソーシャルメディア(Web・Twitterなど)を用いて支援する立場です。
特に、「生産者・クリエイター」と「消費者」をつなぐインターネットツールや「場」を提供していきます。
具体的には、
1)販売物品へTwitterやメールにアクセスできるQRコードを印刷したチラシ(将来的にシール)を用意。
2)横手市駅前をホームとして旧8市町村及び秋田県内、さらには全国各地で開催することを目標にしている。
3)イベントの様子はインターネット動画配信(Ustreamなど)を用いて全国に配信する。
4)県内はもちろん全国各地で同じ理念を持つ団体と提携し、イベントの共催や全国大会なども目指す。

参加者の皆さんへの出展料は低料金としますが参加者の皆さんがコーディネーター・運営者となり必要物品などは各自で用意、独自の経営を行って頂きます。
もちろん、参加者で共同使用する物品も将来的にはでてくるかもしれませんが低コスト運営を第一に考えていることをご了承下さい。
保健所の申請が必要なもの(調理・飲食など)に関しては各自で申請していただきます→その方々でグループをつくり、Yokotter Marketとしてみんなで提出する形となりました。
出展料は参加数にもよりますが1000-2000円/日(2.5m×2.5m)程度で検討しています(変更の可能性あり)。

長くなりましたが、ご理解、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

NPO法人Yokotter理事長
細谷 拓真


posted by hos at 08:59| 重要告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。