2011年01月01日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

昨年は私にとってとても充実した1年になりました。
起こったこと、イベント、出会い、そのひとつひとつは予想できないものでした。
ただ、横手・秋田に存在する「力」は信じたとおり力強いものでしたし、活動のスピードも気持ちの良い
予想通りのものでした。Twitterの素晴らしさを実感する1年でした。

年末は、私個人の都合でスピードを鈍化させてしまいまして本当に申し訳ないと思っています。
とはいっても私などいなくても大勢の仲間、戦友が新しい「場」を耕し始めてくれました。

Twitterで街おこし。
「強み」を結集する「場」を創る。
その「場」で何が起こるかは分かりません。

誰かに何かをしてもらうのではなく、自らが動き、変わり続けます。
数年後にはYokotterは「水」のように存在感はないがなくてはならない存在になりたいです。

孤独にムーブメントを起こすバカ者やヨソ者がいて、それを最初に支えるフォロワーが出現。
そこからしかムーブメントは起こりません。
Yokotterはその最初のフォロワーになります。


「この街でこどもを育てたい」と言われる街づくり。
この想いに共感する仲間を私達は支え続け、自らもバカ者になっていきます。

#yokote は Give & Give & Give の社会。Takeはないかもしれない。
それでもいつか必ず自分の中から「笑顔」と「幸せ」が生まれるはずです。

全ての人が同じ夢を共有することはないでしょう。
ですが、その夢の一部に共感し人はつながります。

同じ方向を向いて歩いたり、走ったり、飛んだり、寄り道したり・・・。
それぞれの「強み」を生かして同じ方向を、遠い先に見える光を目指して進んでいく。

全人的にその人を信じ依存することなどできません。
ただ、その夢の一部に共感し共有するのです。
Yokotterでなくとも、秋田を元気にしたいという人達が出現し、その方達をYokotterは応援していきます。
Yokotterが何千人何万人になる必要はありません。
コミュニティとコミュニティがつながる間の「メディア」になれたらと思っています。

今年のKey Projectは
1)Yokotter Market
2)Yokotter Travel
3)Yokotter 部活動
4)Yokotter Broadcasting
です。

それぞれがリンクするプロジェクト。
その間に生まれるプロジェクトも多数でてくるでしょう。
詳細は、近日中にお知らせしていきます。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

NPO法人Yokotter
理事長 細谷拓真

 


コメントはTwitterかFacebookでお願いします!



 



 


人気ブログランキングへ


posted by hos at 01:16| 重要告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。